中央2本の柿の木と、縦・横の茶畝が美しい景観を形成している茶畑です。2015年には日本遺産の文化財として登録され、今では希少となった樹齢100年前後の宇治在来種も栽培しております。

 

品種:宇治在来、おくみどり

面積:4.4反(約4,400㎡)

 

◆平成27年 日本遺産第一号登録文化財(No.9)

文化庁ウェブサイト

◆平成20年 京都府景観資産第一号登録(No.1)

京都府ウェブサイト

(産業・しごと>まちづくり・上下水道・電気>景観・屋外広告物>京都府景観資産登録制度)


標高約250m前後の檜の木に囲まれた静かな場所です。南向きの斜面に、長い横の畝下から上まで続いています。

 

品種:やぶきた

面積:3反(約3,000㎡)