撰原地区の景観資産内にて開墾された茶園。笹対策として茶園周辺を石垣で囲み、中央2本に天王柿が植えられているコントラストが美しい茶畑。2015年には日本遺産の文化財として登録され、今では希少となった樹齢100年前後の宇治在来種も栽培しております。

 

品種:宇治在来、やぶきた実生、おくみどり、ごこう

面積:4.4反(約4,400㎡)

 

◆平成27年 日本遺産第一号登録文化財(No.9)

文化庁ウェブサイト


白栖地区の西南向き小山に開墾された茶畑。日当たりが良く水はけが良い斜面にやぶきた品種の茶樹が植えられております。

 

品種:やぶきた

面積:1反(約1,000㎡)


撰原地区の標高350m程の山の森の中に開墾された茶畑。この地域では珍しい礫質土の畑で、色が良く滋味の濃いお茶ができる畑です。

 

品種:やぶきた

面積:1反3畝(約1,300㎡)