『お茶を持って福を為す』を理念として茶園森福を創業しました。時代に求められるお茶作り、信用されるお茶屋さんを指針としています。茶園を大切にし、人を大切にする。メンバー各々の個性を活かして新しい形のお茶屋さんを創っていきます。


『地球・社会・お客様・作り手に優しいお茶作り』を基本方針として、お茶作りを行っております。地球全体を考えて行動することが、全てにとって良い結果に繋がると考えているからです。具体期には以下の様な取り組みを行っています。

 

◎農薬・化学肥料・除草剤を使用しない

◎地域資源の活用(藁・ススキ・下草など自然の物を資材として使用)

◎文化財茶園・宇治在来種の保存

◎売り上げの3%を社会へ還元(寄付)


茶園管理作業のようす(1)

茶園管理作業のようす(2)

製茶工場内


豊かな自然環境に囲まれた山手のお茶の葉の特徴を活かせるよう、お茶作りを行っております。爽やかな香気と透明感のある山吹色の水色(すいしょく、お茶を淹れた時の水の色)が特徴です。

 

◎宇治煎茶伝統の浅蒸し製法

◎笹・カヤ・藁などの敷草(和束ではホータロ、宇治ではホトロなどと呼ばれます)

◎手漉き和紙を敷いた焙炉(ほいろ)による炭火入れ


芽吹く新茶(5月)

ホータロを敷いた茶園

焙炉による炭火入れ


 京都府相楽郡に属する和束町でのお茶作りは、約800年前の鎌倉時代に海住山寺(京都府木津川市加茂町)の高僧「慈心上人」が、鷲峰山山麓にお茶を栽培したのが始まりと言われています。江戸時代には禁裏御料地となり、皇室直轄地として京都御所にお茶が納められました。茶畑は昼夜の寒暖差が大きく、霧が立ち込める山間の斜面に位置しています。良いお茶作りには適した環境ですが、作業し難く大量生産には向きません。現在は宇治茶の主産地として、京都府内荒茶生産量の約41%(注)が和束で生産されています。

→和束町ウェブサイトへ

 

注:平成28年度京都府茶業統計より

石寺地区の日本遺産登録茶畑

事務所より望む安積親王陵墓