ご挨拶

 

2016年5月1日(八十八夜)に「お茶をもって福を為す」を理念として、茶園森福を創業しました。

 

茶樹の栽培に適した京都府南部の和束町にて、昔から現代に続く伝統の技術を活かした美味しいお茶作りを目指してます。

 

和束町の茶畑は山間の急斜面にあり、清涼な空気・短い日照時間・昼夜の寒暖差・水はけの良い地形など良質な茶葉を栽培できる環境が揃っております。その様な環境下での茶樹の栽培は大変手間がかかり、多くを生産することはできませんが、約800年前から現代までお茶づくりが続いております。

 

→茶園紹介へ

日本遺産指定の当園茶畑(撰原松ノ尾)


当園のお茶について

山間の茶畑から収穫された茶葉の特徴は、爽やかな香気で、青みがあり柔らかい茶葉が特徴です。そのような原料の良さを活かす為に、日本緑茶伝統製法である「浅蒸し製法」にて製茶をしております。

 

茶樹栽培においては、良質な有機質肥料(圧搾油粕、国産魚粕)を主体に肥培管理を行い、美味しく健康に良いお茶を目指しております。

 

香気高く、甘みある当園の煎茶をお召し上がりいただければと思います。

浅蒸し製法の煎茶

山吹色の水色の煎茶