『お茶を持って福を為す』を理念として2016年に茶園森福を創業しました。自農園でお茶を作り販売しております。頑張らない・無理をしない・焦らないをモットーに面白くて楽しい新しい形のお茶屋さんを創っていきます。


『地球・社会・お客様・作り手に優しいお茶作り』の四方良しの精神が基本です

 

◎農薬・化学肥料・除草剤を使用しない

◎地域資源の活用(藁・ススキ・下草など自然の物を資材として使用)

◎文化財茶園・宇治在来種の保存

◎売り上げの3%を社会へ還元(寄付)


茶園管理作業のようす(1)

茶園管理作業のようす(2)

製茶工場内


当園の茶畑は和束町内の2箇所にあり、一つは日本遺産の文化財にも指定されております。品種や地形・土壌環境が畑毎に変わり、収穫できるお茶も異なります。詳細は以下の茶園紹介をご覧ください。

 

→茶園紹介へ


 京都府相楽郡に属する和束町でのお茶作りは、約800年前の鎌倉時代に海住山寺(京都府木津川市加茂町)の高僧「慈心上人」が、鷲峰山山麓にお茶を栽培...以下略

石寺地区の茶畑

安積親王陵墓