↑C94出展時の特設ページです

~8月8日 京都出発~

前回(C93)に続き、2回目のコミケ出展に向けて京都を出発しました(車で)

 

車は商品とディスプレイ用品でパンパンです。車のサイズとダンボールサイズを計算して軽のエブリィバンに極限まで詰め込みました。確かダンボール140サイズを22個ぐらい入れたと思います。滋賀県の信楽ICから八王子IC(注)まで休憩をはさみつつ、約9時間で到着しました。途中、駿河湾沼津PAでラブライブの特設ブースがあったのですが、時間が早すぎたせいかOPENしていませんでした(確か昨年の夏もやっていたはず)

 

注:園主の実家は東京の八王子なので実家に向かいました


~8月9日 設営日~

前日は設営日でして、各々の企業で設営時間が指定されています。当園は第0部という一番最初の部だったので、午前中に設営終了。ちなみに、指定時間より早く着きすぎて1時間位ビッグサイトの周りで待機してました^^

場所は西4階のミニブースです。前回より2個左側で島端。

当園は冬コミの出展経験はありますが、夏コミは初めてです。

 

前回好評いただいたコミケ仕様の『ほうじ茶ティーバッグキューブ』と明智茶屋さんとのコラボ限定商などほうじ茶を中心に商品を準備しました(夏なので品質保持の面から煎茶は無しにしました)


東8ホール女子更衣室前にひっそりと公共広告を出稿

公共広告(アップ)


~8月10日 1日目~

当日は八王子からビッグサイトに出発。1時間程で到着予定が、、、まさかの中央道事故渋滞20km( ̄□ ̄;)!!

 

相当余裕を持って出発していたので、最初は『まあ大丈夫だろ』位で思っていたのですが、全く進まず。。。10時開場の為、最悪9時半には会場入りしておかないといけないのですが、その時間すらも危ない状況に。電車で向かっていた光秀姫(写真左)が先に到着していたものの、さすがに焦って変な汗がでてきました。(男3人は一緒の車)

結局、9時25分頃にビッグサイト前に到着。園主だけ車を降りて、一直線に入口ゲートに向かい何とかブースに到着。

~AM10:00 開場~

開場のお知らせと共に、人がたくさん入ってきます。冬コミもそうでしたが、最初の30分は皆さんお目当てのブースに向けて一直線で、人が入り乱れるカオス状態。

暫くして、落ち着き始めて当園のブースにも、ちらほらお客さんに来ていただけました。

 

初日は今回のコラボさせて頂いた福知山『明智茶屋』の店主さんも参加していただいたので、4人で賑やかに販売できました。

開場5分前にやっと全員集合(;^ω^)

コミケ伝統の手をあげて列移動

(向かいブースのGoodSMILEcompany社様にて)


会場内の自販機は全てコミケ仕様に

日本郵便社様のブース

(ポプテピピックとポスクマのコラボ)


~2日目・3日目~

2日目・3日目は初日の事もあり、開場2時間以上前にはブースに到着。時間があったので、他の企業ブースを見たり関係者の方とお話をしていました。

 

一般ブースのジャンル分けの関係から、2日目は女性のお客さんが多く、3日目は男性の方が多くなります。

 

夏コミも凄い人です。お昼ぐらいになると、外の気温と人の多さが相まって、室内は非常に蒸し暑くなります。それに比例して当園のペットボトルも沢山売れましたd(゚∀゚d)

 

2回目の出展という事もあり、冬コミに購入されたお客さんや前回購入できなかった方が来てくれて大変うれしかったです。『コミケになんでお茶屋さん??』という方も、多数おり、まだまだ当園の認知度は低めです。

 

また、2日目に同じ町の住民が当園のブースを見つけて来てくれました。(和束町は実人口三千人位で年配の方が多いので、コミケ参加者はいないだろう。と思っていました)

 

彼はコミケ歴10年以上の猛者で、しかも知り合いのお茶農家の所で働いていました。もちろんコミケには全日参加で5日目(秋葉原)までいるとの事。帽子はコミケ最強装備(?)と言われる麦わら帽子に銀の遮光ネットを装着。やや農作業を彷彿とさせるスタイルです。参りました。

後日、近所のスーパー『なかつじ』で偶然出会いちょっとお喋りをしました。世間は狭いですね。

同じ和束町住民のY氏

(決して隣の蜂蜜屋さんに絡んでる訳ではありません)


~まとめ~

 

夏コミは初参加であり、色々と勉強になる点もありましたが、『やっぱりコミケは楽しい!!』と心から思いました。

 

また、今回は精華町さんやe-kenetさん(京阪電車グループの会社)など京都近隣のブースが多かったです。京都アニメーションさんも宇治なので、京都南部(山城エリア)だけで4社も出ていたのですね。色々と地元トークも出来て楽しかったです。

 

冬コミに向けて、さらに改善して美味しく楽しくなるようなお茶を提供して『コミケのお茶屋さん』みたいに定着できたらな。と思っています。ほうじ茶ティーバッグは今回は2色のみでしたが、カラバリがあった方が華やかで選ぶ楽しみも出来るので、次回は3色準備する予定です。

ご来場いただいた方々ありがとうございました。これからも宜しくお願いいたしますm(_ _)m


e-kenetさんで購入した京阪電車のNゲージ

精華町さんのブースで購入した戦利品

(他にもバッジやステッカーなど色々と頂けました)