当園にて作成しているお茶を紹介します。

茶葉本来の香味を活かす蒸し度を低めにした昔ながらの製茶方法。茶葉が細長く撚れ、鮮緑色をした伝統的な日本茶。

一年を通して丁寧に管理している自農園で栽培された茶葉を原料とし、最終の『仕上げ』と呼ばれる工程では焙炉(ほいろ)を用いた炭火仕上げを行っております。


露地栽培の在来種を主な原料とした焙じ茶。香り高い焙煎香に甘み・渋みが調和した香味が特徴です。

中煎りの『良』(写真左)と浅煎りの『優』(写真右)、2種類を提供しております。

 

 


中国の6大茶類の一つのお茶。日本では知名度が低いですが、欧米では美容効果が高いことから、高級茶として人気が高いお茶です。あらゆるお茶の中で唯一『揉む』という工程が無く、『萎凋⇒乾燥』というシンプルな工程で最もナチュラルなお茶です。春の一番茶を原料として製茶しますが、非常に若い芽を手摘みをする為、生産量も少なくなります。